企業にとって顧客獲得や管理はビジネス戦略として非常に重要な要素を占めています。
そこで「見込み客を得るベンチャーネット」では、コンテンツマーケティングやセールスフォースなどの経営革新をサポートします。

2000年頃、オラクル(Oracle)社に買収される以前のエロクア(Eloqua)社に在籍する最高技術責任者が、営業や販売代理店に有望な見込み客リストを提供するために、メール配信やWeb、チャット、紙面のDMなどを一括して管理することの出来るシステムを設計しました。しかし、このSFAを最適化させるためには、その前の工程であるマーケティングがどうも必要不可欠になります。

情報システムやソフトウェアにより、既存客や見込み客に対しての営業活動の記録、管理、そしてアポイントや訪問、期限などといったスケジュールをリスト化して編集を可能にし、営業プロセスの効率化が出来るようになります。営業案件を管理してくれるソリューションに、SFA(SalesForceAutomation)と呼ばれる概念があります。

このシステムにより、マーケティング担当者が各システム間のデータ連携などに必要な作業時間が効率化されると、世界的に注目を集めたのです。2014年に日本市場へと導入されてからというもの、広く注目を集めている「マーケティングオートメーション(MarketingAutomation)」というのは、デジタルマーケティングにおける一部のプロセスをオートメーション化するシステムのことをいいます。

マーケティングオートメーションは、SFAの前工程としてのマーケティングを実施するために誕生しました。興味・関心や消費行動が違う一人ひとりの顧客に対してそれぞれ適切なコミュニケーションを図るためには、迚も膨大で煩雑な作業をする必要があります。

その作業をオートメーション化するためのツールがマーケティングオートメーションです。




- お勧めの情報 -

ベンチャーネット
ベンチャーネットの詳細
URL:https://careerbaito.com/job/1501


DONT MISS IT